読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

丁寧な恋愛がしたい

リトルフォレスト 夏・秋 という映画を見ました。

 

f:id:usagiyasupon:20170517184437j:image

 

ところで人生全クリってなんだと思いますか。

ぼくはこの「リトルフォレスト 夏・秋」を彼女と一緒にお家でだらだら見ることやと思いました。

 

この映画、主演の橋本愛がただひたすら自給自足しながらジャムを作ったりパンこねたり甘酒作ったり鴨を捌いたりセックスをしたりするだけの映画なんですけど、これが最高なんですよ。

橋本愛の語りと、それに付き添う音楽。流れる音。空気。

この映画の作る空気感というものが本当に魅力的で、ぼうっと見ているうちに彼女の世界に引き込まれている。一緒にジャムを煮詰める音だとか、パンを捏ねているときの香りとか、外に出たときにむっと感じるじめじめした感触とか、そういうのを感じているような気分になる。

 

ああ。良い。こういうのが良い。

都会暮らししてるから田舎暮らしに憧れる、みたいなとこがあって、結局田舎暮らししてみると嫌になる、みたいな浅ましさが自分にはあるかもしれないけれど。

それでもこれは良いと言いたい。

 

スローライフというのだろうか。そこにあるのは丁寧な暮らしです。

自然と共存するというのは厳しい暮らしだろうけど、だからこそ丁寧に生きねばならないんです。知らんけど。

胡桃を割る、芋を干す、味加減を整える、草を抜く、全てに丁寧さが要求される暮らしです。

そんな丁寧さはきっと余裕というものから出ているんじゃないかと思いました。焦らずに生きる、みたいな。

 

ぼくも焦らずに生きたい。

いや、焦らずに生きなければなんともならないんだけど、余裕を持って生きれるようになりたい。

余裕を持って生きるのが目標なんじゃないかなって思いました。

 

例えばこの映画を土曜の昼下がりに同棲中の彼女と見るとしましょうよ。

「あー、このジャム美味しそう」

「ジャム作ったことある?」

「ケーキ作るときにラズベリージャムを作ったことがある」

「梅ジャム作ったことがあるよ」

「なにそれ美味そう」

「あんことかもよく炊いたなあ」

「あんこってなんかシナモンとか入れると美味そう」

「明日やってみる?」

「小豆戸棚にあったっけー?」

いや、こういう、丁寧な暮らしっぷりを。

というかまず、こんな会話ができるような、丁寧な恋愛がしたい。

f:id:usagiyasupon:20170518094220j:image