読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハチミツとトースト

f:id:usagiyasupon:20161231172825j:image

 菓子パンよりも最近はトーストが好きだ。

トースト。食パンを好みの厚さに切って、焼く。それだけのシンプルな食べ物だ。

シンプルだから、食べ方というのは人それぞれだ。そこに性格が出るとか出ないとか誰かが言う気がする。もちろん、きっと童貞の中学生も「男の人って結局は何も考えてないんだよね」なんてわかった風なことを言う21歳の社会人ニ年目の女性も「こんがり目に焼いてイチゴジャム付けるのが好き」と言う可能性があるんだから、一概に性格が出るとは言えないけれど。

 

ちなみにぼくは先に蜂蜜を塗ってそれから焼くのが好きだ。熱々の蜂蜜と、それがよく染み込んだ食パンという、深い付き合い方がぼくは好きなのだ。そこにはもう何も入り込む余地がない。ブルーベリージャムでさえ、この領域には入れない。

 

ところで世の女の子はどういう風にトーストを食べるのだろう。

女の子とトーストを食べるという機会は滅多にないと思う。ある人は正直に手をあげてほしい。ぼくは思う。その人たちはすごい。女の子とトーストを食べる。それはもうプロポーズじゃないだろうか。

「こんがりめだっけ?」

これはもう、愛だ。愛でしかないと思う。女の子にトーストを焼いてあげる。まだちょっと眠そうな彼女は、マグカップを両手で持ってコーヒーを飲む。マグカップはマリメッコのやつが良い。ぼくは以前先輩にプレゼントでもらったやつを使ってる。

彼女のトーストの食べ方を覚えよう。こんがり目に焼いて、マーガリンをつけ、そして、ああそうだ。彼女はりんごジャムが好きだった。それも、実家(りんごが美味しそうなとこってどこだろう)から送られてくるやつだ。地方にしか売ってないんだってさ。

明治屋でりんごジャムを見るたびに彼女のことを思い出す。シナモンが入ってるやつ、彼女は好きだろうか、と考える。

 

君はどういう風にトーストを食べるの? ぼくは気になって仕方がない!

 

 

ところで、書いていた作品「キツネ・サマー・サヨナラ」が完結した。一応。

ぼくは人の意見をもらい、改稿を励む厚かましいタイプだ。一人で小説なんて書けるわけがない。

だから何か感想一言でも、アドバイスなんてくれたらそれはもう飛び上がるほど嬉しいので、宜しくお願いします。

 

今年も一年お疲れ様でした。

来年も良い年になるといいな。

f:id:usagiyasupon:20161231174713j:image