読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2丁拳銃のボケの人面白いよね

ぼくは映画がそこそこ好きで、小説を書くときとかに参考にすることが結構多い。 例えばこの前受賞した作品は、ウェスアンダーソンの「ダージリン急行」をイメージしていたりするし、会話中に「資本主義のクソどもが! 『ファイトクラブ』見てからもそれ言え…

ベイビー・カレー・ラブ

「カレーを食え、カレーを」 と怒られたので積極的に時間を見つけてカレーを食べることに決めた。ぼくはカレーが好きだ。自分でスパイスからカレーを作るぐらい好きなんだ。 なんでカレーにハマったのかは覚えてないけど、多分神保町が大学の近くにあったか…

「恋」

マルセイバターサンドは凄い。 美味しいなんて当然のことだから今では誰もそのことに触れなくなった。 例えばクラスでめちゃくちゃ可愛いと有名な女の子の話をするときに「○○ちゃんがこの前ノートに落書きしてたの、見た? MOTHER2のどせいさん」と話をする…

この世界の片隅に紅茶

「この世界の片隅に」という映画が良かったという話。 皆さん見ました? ぼくは見ましたよ。 この映画、ほんとにいい映画だと思ってるので是非皆さんに見ていただきたいと思っているんですけどね、あっ、思わず敬語になってしまった、いや、ほんまにええ映画…

鴨川、カモリバー

京都を代表する川、鴨川。 数多くの本や映画の舞台となっており、その存在は今や京都について多少かじったことがある人なら絶対に知っていると思う。 ちなみに鴨川より西は平安京の中。貴族がこぞって住まう地域であったとか。 鴨川より東は平安京の外。古い…

ハチミツとトースト

菓子パンよりも最近はトーストが好きだ。 トースト。食パンを好みの厚さに切って、焼く。それだけのシンプルな食べ物だ。 シンプルだから、食べ方というのは人それぞれだ。そこに性格が出るとか出ないとか誰かが言う気がする。もちろん、きっと童貞の中学生…

フルーツサンドとアイラブユー

フルーツサンドってすごくイケてると思う。 まずサンドイッチっていうところがイケてる。ぼくはサンドイッチ片手に自転車を漕ぐことが所謂「スマート」だと思っている。 そしてフルーツというものはイケてる人が口の中に放り込みがちなものである。りんごを…

サタデー・ミスタードーナツ・クラブ

「なんか急にミスドに行きたくなっちゃった」 と言われると「うん」としか言えなくなる。 ぼくは常にミスタードーナツに行きたいと思っている。でも、何かしらの事情で我慢している。カロリー。時間。お金。ミスタードーナツとぼくを遠ざける理由はたくさん…

亀十が好きなあの子とぼく

亀十というどら焼き屋があります。 いや、どら焼き屋というには語弊がある。正確には和菓子屋であり、そこのどら焼きが目玉商品なわけであります。 1個315円。どら焼きにしては少々高い。しかし、土日となると行列は絶えることはなく、東京一有名などら焼き…

黒髪ショートのヒロインとどら焼き

黒髪ショートの女の子が好きです。 こう言うと世間の「ものがわかった風」な女性たちは口を揃えて言う。アラサーちゃんとか読んで人生わかったみたいな顔してるやつらです。そう、「お前は面食いなだけやろ」と。 確かにぼくは可愛い女の子が好きで好きでた…

亀井堂のクリームパンと坂道と人生

亀井堂が好きです。 第一声というのは大事なものでして、それはというのも人は第一印象が基盤として今後の関係性を築いていくものだからですね。 まず人と初めて会うときは、見た目で9割方判断されます。「おう、あの眼鏡、眠そうな顔してるやんけ」これが9…